痛風予防にナイスな方法【生活習慣の意識が大事】

医者

血糖値が高いことの証明

薬

医療的な言葉というのはそのまま聞いても分からないものです。ですが、ヘモグロビンa1cというものを「血中の糖と酸素の運び屋ヘモグロビンが結合したもの」と考えれば分かり易くなります。また、サプリメントを摂取するときには直接的な効果ではなく、間接的な効果を期待してください。

腸内環境を正常化する

サプリメント

乳酸菌は腸内環境を正常化し、免疫力を向上させる働きがあります。乳酸菌を効率よく摂取するためには、サプリメントで摂取するのがおススメです。サプリを選ぶ際には、含有量が多いものや、死菌を含んでいるものを選ぶと良いでしょう。

DHA・EPAを積極的に

ウエスト

コレステロールを下げるには、食品に含まれる脂肪酸のバランスに配慮した食生活を送ることが大切です。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を多く含む食品を食べ過ぎないよう注意し、野菜、大豆、海藻、そしてオメガ3系脂肪酸を含む魚類などを十分に摂りましょう。魚が苦手な場合は、サプリメントでも補充することができます。

病気を防いだり症状を緩和

男の人

食事を気をつけるメリット

尿酸値などが高いという方は将来的に痛風になってしまう危険性が非常に高くなってきますが、そのような痛風予備軍の方は食事に気を使うようにすると、その痛風などの病気の発症を予防することが出来たり、症状を緩和することが出来ます。例えば尿酸値が高い方は、普段からプリン体などが多く含まれる食事を食べていたり、不規則な食生活になっているということが多いです。そこで食べ物を低プリン体の食品を中心としたものに切り替えたり、食べる量自体を減らして行けば、その予防をすることが出来るようになってきます。プリン体が多く含まれる食品としては煮干しなどがありますが、もしお酒のおつまみやおやつにそれらの食品を食べることが多かったという方は、別のプリン体の少ないものに変えると良いでしょう。

運動も重要になる

また、痛風予防として重要なのはプリン体などが低い食品を食べるようにして尿酸値が高くなるのを抑えるだけでなく、適度な運動をしていくことも重要になります。食事だけに気をつけていても、全く運動をしなかったりしていると、それもまた痛風が発症してしまう原因につながることもあります。なので、予防をしたい方は極力体を使う機会を作っていくことが大切です。社会人などの方は体を動かすためにウォーキングやランニングをしたり、社会人のスポーツサークルなどに入るのもオススメになります。食事に気をつけてさらに適度に運動もして健康的な生活を送っていれば痛風になるという可能性は少なくなってくるでしょう。尿酸値が高い方は早めの対策と予防を心掛けて行くと良いです。